先日、市川海老蔵氏が記者会見を行いました。

内容についてはここでは触れませんが、1年8か月もの間、公にならなかったことが

週刊誌等で報道されたことで記者会見を開くようになったのだと思います。

家族として本来ならあまり公にしたくなかったことと思いますが、黙っていて大騒ぎになるよりは

現状を記者会見で話すことで、これ以上は踏み込まないで、という思いだったのではないでしょうか。

しかし、当事者の思惑を全く理解しないマスコミの方々はあちこちに出没しているようで、海老蔵氏も

嘆いています。

私は海老蔵氏のファンではありませんが、今回ばかりは海老蔵氏を応援します。

マスコミも取材・報道することが仕事だとは理解しますが、触れていい場所、悪い場所、

本当に一般の方々も知りたいと思っているのか、今回の件はまさに「暗黙のルール」というものを

適用することはできませんか?

以前、アイドル歌手が自殺した件でも現場の状況を写真週刊誌が載せていましたが、報道の自由を

振りかざす前に人間対人間の心の取材のようなことができないか、今一度考えてもらいたいです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する