日本シリーズ第5戦、いい試合でしたね。


日ハム先発・加藤の不安定さから招いたピンチをメンドーサが見事に断ち切り、

結局5回2/3のロングリリーフ。これが大きかった!


広島先発は沢村賞のジャクソン。ただ中4日での登板と日ハム打線の粘りによる

球数の多さから6回で降板、このまま1-0でいくなら投手が変わる7回以降が

勝負になるだろうと予想していました。

実際、7回に私のおすすめ・岡選手の犠牲フライで同点。

9回も死球で少しエキサイトしましたが、岡選手は監督の起用にこたえていますね。

最後は西川選手のサヨナラ満塁弾で決着ですが、今日は市川捕手が陰の功労者じゃないですか。

送りバントをことごとく決め、リード面でも立ち上がりの1失点で切り抜ける好リード。


大谷、中田といった主役と、岡、市川という脇を固める選手たちがかみ合ってきた日ハムが

日本一へかなり有利になったんじゃないですかね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する