ただ今、全国各地で夏の甲子園予選が行われています。

皆さんもそれぞれの母校であり、故郷であり、いろいろな思いで応援されている方も

多いと思います。


私も今年は例年とは違った思いで予選結果を見ていました。


もともと私の母校の野球部は硬式ではなく、軟式野球部でした。ただ、全国大会や国体出場経験もあり、

軟式野球界ではちょっとした強豪でした。

その母校も数年前に他の高校と統合される形で閉校となったのですが、その統合高に硬式野球部が誕生し、

この時期の楽しみができました。で、今年は粘りの野球で勝ち上がり、本日5回戦で選抜出場の日大三高

と激突。試合前はコールド負けじゃなければいいな、くらいにしか期待していなかったのですが、

初回に相手の拙い守備(記録は三塁打)から2点を先制し、相手の反撃を封じ続けるも終盤に逆転され、2-3と惜敗。

あわや大金星という試合内容に惜しかったという思いと、もしかしたら勝てたのかという悔しい思いと

複雑な気持ちになっています。


最近甲子園の常連になりつつある関東一高は割と近所なので、関東一高の活躍はうれしいのですが、

それとは違った気持ちがあって、母校愛、故郷愛というのは別物だなと改めて思ったこの夏でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する