今年の都市対抗野球もNTT東日本の優勝で終わりました。

36年ぶり2回目の優勝ということで、前回の優勝は昭和56年の電電東京時代なんですね。

電電東京、NTT東京、NTT東日本と名称は変わっても全国トップレベルで活躍してきたチーム

ですが、ようやく2度目の優勝。

そう考えると、JX-ENEOS(優勝11回)や東芝(優勝7回)がいかにすごいかがわかりますよね。


一方の日本通運ですが、もし優勝していれば53年ぶりとこれまた久々の優勝だったんですが

残念でした。

日本通運が前回優勝した昭和39年・第35回大会は那覇市・琉球煙草が沖縄のチームとして

初出場を果たしたのですが、当時の沖縄はまだアメリカの統治下にあるという、

そんな時代だったんですね。


50年もたてば当然休部、廃部のチームもあり、昭和38年の優勝チームは京都市・積水化学、

昭和40年の優勝チームは大阪市・電電近畿といったところでした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する