源氏物語にはまったことがきっかけで、この夏休みは京都・宇治市の

宇治市源氏物語ミュージアムに行ってきました。

CIMG9484.jpg
 宇治橋 紫式部像


以前からこのミュージアムがあることは知っていましたが、源氏物語自体を

全く知らなかったため興味もなかったのですが、今回は楽しみに・・・。


ミュージアムの展示内容は宇治十帖が中心で、いわゆる源氏物語・光源氏に関しての

展示はほとんどありませんが、30分ごとの映画(「橋姫」と「浮舟」、各20分)は

物語を知らない方にもわかりやすく、知っている方はより楽しめると思います。

CIMG9414.jpg
 八の宮邸 大君と中の君を垣間見る薫の君


CIMG9450.jpg
 宇治十帖モニュメント 匂宮と浮舟


ただやはり源氏物語といえば光源氏をイメージする方が多いと思うので、

そちらの展示もあれば結構楽しめたかなと・・・。

でも、そちらまで手をかけると膨大な展示になってしまいそうですね。


そのあと京都駅に戻り、今度は風俗博物館に行ってきました。

名前を聞くと「!」みたいな感じですが、こちらも源氏物語に関する展示があり、

建物の模型や人形の着物など全く手抜きが感じられず、素晴らしいですね。

CIMG9680.jpg
 紫の上と光源氏


場所は西本願寺の前ですが、派手に宣伝しているわけではなく、ふらっと

通りすがりに入るというところではないので、ゆっくり見られます。


これまでもいろいろな場所や博物館などに行きましたが、予備知識があったら

もっと楽しめただろうなと思うことも結構ありました。今回はストーリーが

わかっていて、登場人物もだいぶ頭に入っていたので、楽しむことが出来ました。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する