源氏物語 勝手にキャスティングで主人公の光源氏の壮年期は

面立ち、品の良さ、いやらしくない色気、平安装束が似合いそう等、

どう考えても加藤剛しか考えられないんですね。

加藤剛の演技は大岡越前くらいしか記憶にないのですが、

佇まい、台詞回し、声質が私のイメージする光源氏にぴったりだなと。


光源氏の青年期はまだイメージに合う役者が見つかりません。

最近の俳優でもイケメンといわれるかっこいい人はいるのですが、

色気やかっこよさだけではない、品の良さが感じられる人がいないんですね。


では品の良さとは何か?と言われると感覚的なものなので表現しにくいのですが、

所作とか、佇まいとか、目に表情があるとか、若さの中に大人を感じられるとか・・・、

難しいですね。

息子の夕霧にキャスティングした滝沢秀明を光源氏の青年期にしてもいいのですが、

あともうちょっと何かを感じないので、とりあえず夕霧としました。

また考えは変わるかもしれませんが。

(敬称略)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する