現在、日本シリーズ第2戦試合中で、DeNAがリードしています。

今年の日本シリーズはパの1位・ソフトバンクに対して、セは3位・DeNAです。

こういうルールでやっていて、選手間からも不満が出ていなければ何とも言いようが

ないのですが、私は以前から言っているようにCSは反対です。

シーズンの “優勝” の価値はどこへ行ったのか?


ただCSでどうしても金儲けがしたいというプロ野球界で、どうしてもやりたいというのであれば、

もっと1位のチームが勝ち抜けしやすいルールに変えてもらいたい。

まずは1位のチームに1勝をあげるのは今まで通り。それに1位チームと対戦相手とのゲーム差が

5ゲームごとに1勝を追加。つまり今回のセ・リーグでいえば、1位・広島と3位・DeNAとのゲーム差が

14.5ゲームなので、初めの1勝とゲーム差分の2勝で、広島の3勝0敗からスタート。広島は1勝

すれば勝ち抜けということ。


パ・リーグは3位・楽天とのゲーム差が15.5ゲームなので、初めの1勝分とゲーム差分3勝でソフトバンクが

4勝になってしまうので、楽天はCS出場はなしとし、ソフトバンクと西武がソフトバンク3勝0敗からCSを行うと

いうこと(西武とのゲーム差が13.5ゲームなので、2勝分をプラス)。

ゲーム差もCSのハンデになるのであれば、3位狙いなんてくだらないこともなくなるし、上位チームをたたいて

少しでもゲーム差を縮めてCS出場権を取りに行くという、それこそ消化試合がなくなるのではないか。


このくらい思い切ったハンデを付けて、なおかつ下位チームが勝つのであれば下剋上という表現も

あるかもしれないが、たかが1勝のハンデで下剋上だなんて何を言ってんだか。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する