日本シリーズもパ・リーグ優勝チームのソフトバンクが勝って、やれやれという感じです。

シリーズ自体は第1戦以外はどちらが勝ってもおかしくない展開でおもしろかったのですが、

やはり「日本シリーズ」という名称でやるならば、セ、パの優勝チーム同士で戦ってもらいたい。

ただ、私の意見がというのではなく、他の方でもどんなに素晴らしい意見を言っても反対の意見は

でるものなので、「お前の考えは違う。私の考えが絶対だ」などとは言いません。

いろいろな書き込みを見ると、CSを純粋に楽しんでいる方もいるので、その人たちにとっては

おもしろい制度だろうし、私の頭が固くなっているのかもしれない。

日本シリーズは優勝チーム同士がやるものだということで育ってきたので、なかなかCSという

新しいことについていけないのかもしれない。


そこで最近はリーグ優勝という代わりにCS進出への第一代表と思うことにしています。

社会人野球の都市対抗のようにセ、パ地区の第一代表、第二代表、第三代表がそれぞれの

地区代表決定トーナメントに進出し、第一代表は一回戦シードというように考えると少しは見られるかなと。

で、地区優勝チームが優勝決定戦を行うと考えれば、少しは救われるかなと。

まぁ、この考えもいろいろあるんでしょうけどね。


でも、DeNAの濱口投手のチェンジアップは凄かった!

昔だったら、第6戦は九回の抑え、第7戦は先発と1983年・巨人の西本投手みたいな使われ方を

したかもしれないですね。それくらいソフトバンクには打てそうな雰囲気が感じられなかった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する