上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元ワコール所属でアトランタ五輪マラソン代表の真木和(現姓・山岡)さんが

10月18日に亡くなられたそうです。


先日のプリンセス駅伝でワコールが優勝した時に、ふと真木さんを思い出していました。

真木和、短距離区間では無敵の藤原恵、両エースを擁したこの時代のワコールは、

女子駅伝では無類の強さを誇っていました。

安定感のある走りで結構好きだった選手でもあり、駅伝好きになったきっかけでもありました。

18日に亡くなられていたということは今回の優勝を見ることはなかったわけですが、

後輩の活躍をきっと喜ばれていることと思います。





で、今世間を騒がせている岩谷産業の飯田選手の件。岩谷産業の広瀬監督は

真木さんを指導していたことがあるそうで、真木さんも故障を押してレースに出場した

こともあったそうです。いい悪いは当事者の判断に任せるとして、両者に共通した

競技に対する執念は、何か偶然ではないような気がします。


ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する