<永本裕章投手>

1982年15勝、1983年7勝とローテーション投手として活躍。

この年も山田、山沖、今井の3連続完投に次ぐ4番手として先発も早々に降板。

4月は3試合に先発したが勝ち星はなく、防御率は6点台で中継ぎに降格。

結局この年は浮上のきっかけがなかなかつかめず、初勝利は現役最後の登板となった

9月25日南海26回戦で挙げた1勝のみだった。

(1985年は一軍登板はなく、そのオフに引退)

登板投球回自責点防御率
14.3日13 2/337.36 1000010403
24.20南4646.52 1000000644
34.26西63 2/326.08 1000010612
45.2ロ51 2/305.40 0100000100
55.30日111 1/315.51 0100000112
66.8ロ111 2/326.00 0100000102
76.9ロ122 1/336.64 0100000531
86.30ロ15526.04 1000000730
97.6日14656.32 1000010622
107.31近152/326.75 0100000300
118.19日192 1/337.08 1000000301
128.31ロ22306.51 0100000010
139.16ロ26405.88 0100000314
149.25南26515.44 1000100614
14 試合46 1/3285.44 7700130521725

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する