社会人野球の頂上決戦、都市対抗野球が終わりました。

今年はJX-ENEOSの三連覇を準決勝で阻止した西濃運輸が初優勝。

優勝した西濃運輸はエース佐伯投手と補強の佐竹投手(トヨタ)の二本柱が大活躍。

橋戸賞は佐伯投手でしたが、佐竹投手のENEOS戦の熱投も素晴らしく、どちらが橋戸賞でも

おかしくない活躍でした。

三連覇を逃したJX-ENEOSは大城投手は今年も好投しましたが、他に頼れる投手が見当たらず、

やはり優勝するにはエース格が二人は必要だということを実感させられた大会でもありました。

やっぱり社会人野球は面白い!

JFE東日本 幸松投手
JFE東日本・幸松投手

二回戦のパナソニック戦で先発。8回を被安打1の快投も0-1で敗戦投手。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する