福岡ソフトバンクホークスが優勝しました。

私の好きな女優、長谷川真弓さんも狂喜していることでしょう。

コーチ経験もなく、いきなり監督に就任した工藤監督はどうなることかと

思っていましたが、やってくれましたね。


それにしても南海ホークス時代から考えると、強くなりましたね。

私は阪急ファンでしたが、ホークスでは佐々木誠が好きでした。

野性的な、型にはまらないスケールの大きさが魅力でした。

他には社会人野球で好きだった選手が結構指名されていて、

西俊児(本田技研和光)、佐藤真一(たくぎん)、木村恵二(日本生命)、

佐久本昌広(大和銀行)、永井智浩(JR東海)、星野順治(NKK)、・・・。


で、改めて問う。

クライマックスシリーズをファンは本当に望んでいるの?

昨シーズンのソフトバンクとオリックスの厘差の大接戦も、

今年のソフトバンクの圧倒的な強さも、

クライマックスシリーズがあることでシーズンの感動が薄れてしまう。


もうこの辺で、余計なことはやめませんか?



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する