前の記事で大事な人を忘れていました。

日産自動車九州から入団した藤井将雄投手。

九州では評判の速球派としてならし、1994年には自チームの都市対抗初出場に

エースとして大きく貢献した。

 「右本格派の藤井が(予選)3試合のうち2試合を完投。
  140キロ台の速球にカーブ、スライダーをまじえ、
  決め球は抜群の制球を誇るフォーク。」

本大会でも初戦の富士重工戦に先発し、2失点完投勝ち。

同年のアジア大会では全日本に選出され、金メダルを獲得。

手抜きを知らない、一球、一球が全力の炎の投手でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する