セ・リーグはヤクルトが優勝しました。

パ・リーグはソフトバンクがCSを勝ち抜き、両リーグともペナントレースの優勝チームが

日本シリーズにコマを進めました。

CS反対派の私にとっては最高の結果が出て、これで日本シリーズを楽しむことができます。

それにしても、両チームとも新人監督ですが、似たようなチームを作り上げたように見えます。

最近の流れでレギュラーを固定しない、打順を固定しないチームが多い中で、主力メンバーを

固定して戦う昔風なチーム作り。打線は五分五分かな。

投手力は両チームとも中継ぎ、抑えは固定されて穴はなさそうですが、先発はソフトバンクが

若干有利かなと。

何にしても接戦を勝ち抜いた粘りのヤクルトと、ほぼ独走状態ながら油断のないソフトバンクと

面白そうなシリーズになりそうです。

やっぱり日本シリーズはペナントレースの優勝チーム同士、これでいいんじゃないですか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する