世界野球プレミア12、韓国に敗れて3位決定戦に回ることになりました。

惜しい試合でしたが、終盤にこうなる展開は予想していました。

なにしろ、大谷よりいいピッチャーはいませんから。速さでも総合力でも。

だから大谷が降板する七回以降が勝負になると。



結果論であることを十分に承知したうえでこういう継投はできなかったかな。

先発則本、五回から大谷。大谷を後ろに持っていく継投。

それと勝ちに行くなら松井裕樹は登板させない。今大会は全くいいところがなく、

世界を相手にするにはまだまだ経験も力も未熟であるから。



それから、沢村、山崎の抑えと、抑えもできる牧田、ここら辺をどう使おうとしたのか。

(沢村は安定感がないので使わなくてもいいが。)

大谷、則本。この後に続くピッチャーの使い方。中継ぎエースを選んでいない

メンバー構成がこの結果になったのではないか。



改めて言う。結果論であるがこの展開は予想できたはずだ。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する